太っていることが目立たないウエディングドレス

ウエディングドレスというと、真っ白のもの、純白のものというイメージを持っていましたが、私が実際に自分の結婚式を挙げるにあたって選んだウエディングドレスは、レモンイエローをしたもので、白色のウエディングドレスは着ませんでした。それは、私がとても太っていたからです。白色というと、膨張色の定番中の定番で、太っている自分をより太らせて見せてしまうカラーでした。私は自分のコンプレックスをわざわざ強調させる必要はないだろうと思い、白色のウエディングドレスは選びませんでした。そのため、このウエディングドレスを選ぶにあたって、結婚式場のスタッフさんにたくさんの相談に乗っていただいたのです。

私は自分の結婚式で着るウエディングドレスを、式場でレンタルしようと思っていたため、その打ち合わせをするために式場へと足を運びました。そのときに見せていただいたウエディングドレスは、ほとんどが白色ばかりだったため、私は自分の考えをスタッフさんに打ち明けました。するとスタッフさんは、カラーの入ったウエディングドレスばかりを集めてくださり、そこで私に対してのアドバイスもしてくださいました。私がウエディングドレスを着るにあたって1番に心配をしていたのは、二の腕が目立ってしまうことでした。太ももがとても太かったものの、ウエディングドレスを着てしまえば、長いスカートのおかげでそれは隠すことができると思っていたからです。そのため、二の腕をカバーできるようなデザインはないかと聞いてみたところ、ちょうどこのレモンイエローのウエディングドレスには、肩の部分からレース素材の広がった袖がついていて、私の気にしている二の腕をカバーしてくれるものでした。

また、レモンイエローというカラーは、白色に近いカラーでありながらも、膨張を抑えてくれるものだとも教えていただくことができ、私はこのウエディングドレスを自分の結婚式に着ることに決めました。こうして私は、自分のコンプレックスを感じることなく、幸せな結婚式を挙げることができました。ウエディングドレスというのは、女の子の憧れであり、誰しもが綺麗に着こなしたいと思っているものだと思います。私はまさにその願いを叶えることができ、とても嬉しかったです。これに対して協力してくださった式場のスタッフさんには、本当に感謝をしています。太っている人にでもきちんと着られるウエディングドレスがありました。

 

Leave a Reply

*